パンダスタジオ大募集パンダスタジオオーナーのためのWebサイト PANDASTUDIO.biz

ニュース&トピックス

Wirecastの録画用 新規プリセットの作成方法

配信設定を開く

最初に録画のプリセットを作ります。「配信」メニューから「配信の設定」を選択します。

録画のプリセットを新規作成する

「録画」方法のプリセットを作成しておきましょう。「新規」をクリックします。

録画のプリセットを新規作成する

「リクエスト」ウィンドウに新規プリセット名を入力します。ここではプリセット名を「HD収録」としておきます。

エンコーダープリセットを設定する

「エンコーダープリセット」ウィンドウで「ビデオ」タブの設定をしていきます。「出力形式」を「QuickTime」、「エンコーダー」を「H.264」「メイン」プロファイルにします。続いて、ビデオサイズの設定もします。「幅」を「1920」に、「高さ」を「1080」に設定し、「1秒あたりのフレーム数」を「30」にします。「平均ビットレート」は「4000」kbits/秒に設定します。(これ以上の数値でもかまいません。数値が大きい方が綺麗な映像になりますが、そのぶん録画されるファイルサイズも大きくなります)

エンコーダープリセットを設定する

「エンコーダープリセット」ウィンドウで「オーディオ」タブの設定をしていきます。「エンコーダー」を「MPEG 4 Low Complexity AAC」にし、「サンプルあたりのビットレート」は「16ビット」を、「チャンネル」は「ステレオ」を、それぞれ選択します。さらに、「オプション」ボタンをクリックして設定を続けていきます。

オーディオの品質を設定する

「オプション」ボタンをクリックすると「Wirecast」ウィンドウが開きます。ここでは、オーディオ品質の設定をしてます。「平均ビットレート」を「128 kbits/s」にします。数値が大きいほど高音質になりますが、それだけ処理も重くなります。「サンプルレート」を「44,100 kHz」に、「品質」を「最高」に、それぞれ選択します。ここまで設定したら「OK」ボタンを押して、「Wirecast」ウィンドウを閉じます。

エンコーダープリセットを保存する

これでエンコーダープリセットが作成できました。「保存」を押して「HD収録」プリセットファイルを保存しましょう。

エンコーダープリセットを確認する

「配信設定」ウィンドウに戻ったら、「HD収録」プリセットが作成されているか、確認してみましょう。作成した「HD収録」プリセットファイルは、「エンコーダープリセット」一覧の下の方に表示されます。この「HD収録」プリセットを選択すれば、いつでも設定した録画方法を呼び出すことができます。

HDDに録画を保存するように設定する

「配信設定」ウィンドウで、ハードディスクに録画を保存するように設定しましょう。「配信先」を「ディスクに録画」に設定します。「参照」ボタンをクリックして、保存先を選びます。

HDDに録画を保存するよう設定する

「ファイルを保存」ウィンドウが開くので、録画データの保存先を選択します。 PANDA CUBEでは、Dドライブが記録用大容量ディスクとなっています。D:ドライブを選択して任意のファイル名をつけて「保存」ボタンを押します。これで録画設定が完了しました。「配信設定」ウィンドウも「保存」ボタンをクリックして閉じましょう。

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:秋山 謙一

Print This Post Print This Post
Get Adobe Flash player